店頭でたくさんのダイヤモンドを目にしてもすべて同じように見えてしまったり、ダイヤモンドのお値段の格差に驚いたりしたことはありませんか?ダイヤモンドの評価は不可解と思われがちですが、基本的に「4 C」(カットクラリティカラーカラット)という基準が採用されています。

ダイヤモンドのカット

カットは、ダイヤモンドの形状や研磨の仕上がりの精度を評価する基準で、ダイヤモンドの輝きを大きく左右する最も重要な要素です。

カット段階では、ダイヤモンドの最大限の輝きが引き出されるように、原石のサイズや形状のほか、自然に形成された結晶構造などの特徴が考慮されます。典型的な「ダイヤモンド型」は、下部の逆三角形の「パビリオン」部分と上部の丸い弧を描く「クラウン」部分からなり、光を反射・屈折して最も美しいきらめきを放つようにデザインされたものです。

Cut Diagram

理想的な形にカットされたダイヤモンドでは、クラウンとパビリオンのカット角度とダイヤモンドの結晶構造とが相互に作用し、最大限のブリリアンス(輝き)、ファイヤー(虹色効果)、シチレーション(きらめき)が実現されます。

ダイヤモンド購入における重要なポイントなど、詳しくはカリタスの「ダイヤモンドガイド」をご覧ください。

ダイヤモンドのカラー

ダイヤモンドのカラーは、地中における形成時の自然条件に左右される要素です。ダイヤモンドのうち、無色透明のものは特に人気があります。

ほとんどのダイヤモンドには何らかの色があり、真に無色のものは極めて稀なため、必然的にお値段も高価になります。婚約指輪には、少々の色のあるダイヤモンドが最も広く使われています。

color diagram

ダイヤモンド購入における重要なポイントなど、詳しくはカリタスの「ダイヤモンドガイド」をご覧ください。

ダイヤモンドのクラリティ

ダイヤモンド内部の結晶構造内には、不純物が形成されることが多くあります。これら不純物はインクルージョン、内包物、包含物などと呼ばれ、自然に生じるもので、その大きさもさまざまです。熟練した鑑定士でなければ判別できない微細なものから、ダイヤモンド内部の小さな傷、さらには、肉眼にもはっきりと見える大きめの結晶形のシミや傷などの内包物があります。

これらの傷・シミは、ダイヤモンドの輝きに影響するため、好ましくない欠陥要素(フロー)と考えられます。さらに、これらが原因となってダイヤモンドの耐久性が低下し、ひび割れや欠損が生じることもあります。「クラリティ」は、ダイヤモンドの物理的な純度を表わす基準として用いられています。インクルージョンの少ないダイヤモンドは純度が高いものとみなされ、価値も高くなり、必然的に価格も高額になります。

clarity diagram

ダイヤモンド購入における重要なポイントなど、詳しくはカリタスの「ダイヤモンドガイド」をご覧ください。

ダイヤモンドのカラット

端的には、ダイヤモンドのサイズが増すほど、より多くの光が反射されます。そのため、一般的にエンゲージリングには人目を引く大きなダイヤモンドが求められます。ただし、ほかにも検討すべき重要な要素は多くあります。

carat diagram

ダイヤモンド購入における重要なポイントなど、詳しくはカリタスの「ダイヤモンドガイド」をご覧ください。